ビジネスシーンにおいて相手の顔と名前を覚えることは最も基本的で大切な事です

ビジネスシーンで大切なことの1つに、「1度会った人の顔と名前を覚える」と言う事があります。これは、良好な人間関係を築く上では欠かすことの出来ない事です。しかし、その場では覚えていても時間の経過と共に忘れてしまうと言う人もいます。そこで、どのようにすれば効率よく人の顔と名前を覚えることが出来るのかについて記述していきます。まず、初めて会った時にしっかりと相手の顔と名前を覚えるようにします。相手が自己紹介をしたら、頭の中で何度もその名前を繰り返すようにします。そして、その後の会話の中でその人の特徴を掴むように心掛けます。もし、名刺を交換する事が出来た場合には、1人になった時にその名刺の開いているスペースに会話の中で感じた特徴やイメージなどを記入するようにします。得意であれば、似顔絵なども描いても良いでしょう。似顔絵を描くときには、特徴的な部分を少し誇張して描くようにするとより効果的と言われています。そして、繰り返し会話の中で名前を呼ぶことも大切です。人の記憶は、何度も繰り返すことで強化されると言われています。もちろん、不自然にならないように気を付けなければなりませんが、最初の挨拶や会話の最後などに相手の名前を呼び、挨拶を行なうだけでも相手に良い印象を与えることが出来ますし、何度も呼ぶことで忘れにくくなると考えられています。もし、名前を呼んで会話をするのが難しいと言う場合には、心の中で相手の名前を繰り返し呼ぶようにします。これは、実際に名前を呼ぶよりは効果が劣ると言われていますが、それでも何もしないよりは覚えることが出来ます。そして、相手に興味がなければ、名前や顔を覚えることは出来ません。ですから、相手に興味を持つことで相手の事を知りたいと思うようになるようです。覚えることが出来ないと最初から諦めるのではなく、まずは覚えようという意思を持って相手と向き合うことが大切になってきます。